「森林と市民を結ぶ全国の集いin裏木曽」シンポジウムの開催の案内

「森林と市民を結ぶ全国の集いin裏木曽」シンポジウムの開催の案内

御神木

御神木

6月4日・5日の2日間にわたって「森林と市民を結ぶ全国の集いin裏木曽」シンポジウムを中津川市裏木曽の付知町と加子母を中心に開催します。「裏木曽古事の森育成協議会」が主体となり実行委員会を組織し準備を進めており、その実行委員長を私が引く受けております。
 6月4日のシンポジウムでは、現在中京大学客員教授の元名古屋市長の松原武久さん、地元中津川市(旧福岡町)出身で国際森林年国内委員として活躍されているフリーアナウンサーの草野満代さん、中日新聞論説委員の飯尾歩さんに「森林」について語っていただきます。また分科会では地域の森林と関わりの深い方々から話題提供をしていただく予定しています。
 6月5日には普段は見学することのできない樹齢千年のヒノキが生育する裏木曽国有林内の「木曽ヒノキ備林」の見学会を予定しています。
 地域のかけがえのない森林資源を認識し、参加者の方々と交流を深めながら「裏木曽の森」の存在を全国に発信する絶好の機会としたいと思いますので、多くの方に参加していただけることを期待をしています。
 詳しい内容は
  ■6月4日(土) 13:30~
   「森林と市民を結ぶ全国の集いin裏木曽」シンポジウム
   会場:中津川市付知町 アートピア付知 (入場無料)
  ■6月5日(日) 9:00~
   「裏木曽国有林内ヒノキ備林」見学ツアー
    ※定員120名 ・事前申し込みが必要です。
    ※ホームページアドレス http://www.urakiso.net/