6月中津川市議会(定例会)を終えて

6月中津川市議会(定例会)を終えて

平成20年第3回中津川市議会(定例会)は、6月2日(月)召集され、6月23日(月)までの22日間の会期で開会されました。今議会の提出案件は、3億2889万円の情報通信ネットワーク整備事業・7億1672万4000円の坂本地区公共下水道整備事業を含む27億3155万9000円の平成20年度6月補正予算案など報告案件1件、条例案件4件、人事案件2件、補正予算5件、請願案件2件、その他案件10件の合計24件が上程されました。最終日には議員提案による「議員定数問題等特別委員会設置に関する決議」「森林・林業・木材産業施策の積極的な展開を求める意見書」「後期高齢者医療制度の見直しを求める意見書」などの追加議案も含めて可決されました。 新政会として、一問一答方式や対面式の議場などをふまえた「一般質問のあり方」また、情報公開や整備の進んできたネットワーク情報通信の利活用の観点から、委員会も含めた全ての議会の状況を録画しインターネットにて配信する「議会のIT化・開かれた議会」を議会運営委員会に提案をしました。また、議会運営委員会では、中津川市において、最も重要な課題である行財政改革を中津川市議会議員として、推進するために特別委員会を立ち上げるべく検討中です。