はっちゃんメッセージ

はっちゃんメッセージ

ねぇ、はっちゃん!その年は、市民のみんなさんの為に中津川市議会が取り組んだことは何?

2018年

リニア中央新幹線開業まで10年を切り、リニアを生かしたまちづくりを進めるにあたり、リニア岐阜県駅周辺の都市計画決定がされました。岐阜県の東の玄関口としてふさわしいにぎわいのある駅周辺を目指すとともに、当市の持続的な発展のために、まち・ひと・しごとの創生と合わせ、「住みたい」「住んでよかった」と思えるまちづくりを市議会として進めてまいります。
メッセージ(Message 2018)はこちら

2017年

全国的に少子高齢化が急速に進む中、中津川市の国勢調査人口は8万人を割り込みました。人口減少そのものを食い止め、また、人口減少社会に柔軟に対応する対策として「中津川市まち・ひと・しごと創生総合戦略」が制定されました。長い歴史の中で育まれてきた自然や文化などそれぞれの地域の特色を生かしながら、産業の振興、移住定住の促進に繋げていくよう、市議会としても積極的に活動してまいります。
メッセージ(Message 2017)はこちら

2016年

昨年、合併10周年となる1つの節目を迎えた年でした。今後とも、長い歴史の中で育まれてきた自然や文化などそれぞれの地域の特色を活かし、さらにその魅力に磨きを掛け、一つのまちとしてさらなる発展のための継続した取り組みにより、産業・観光の振興、移住定住の促進に繋げていくよう、市議会としても積極的に活動してまいります。
メッセージ(Message 2016)はこちら

2015年

市議会では、議会の指針となる「議会基本条例」を制定し、「市民にわかりやすい議会」「市民に開かれた議会」「市民が参加する議会」を目指して議会改革に取り組んでいます。
メッセージ(Message 2015)はこちら

2014年

中津川市議会では、3月議会での「中津川市議会基本条例」の制定をめざしています。
メッセージ(Message 2014)はこちら

2013年

「市民の負託に応える議会」を目指して、議会改革に取り組んでおり、昨年秋には、3年目となる「市民と議会の対話集会」を地域に出向いて開催したところであります。直接、市民の皆さまと意見交換を行うことで、政策の提言につなげていきたいと考えています。今後も、より身近な議会、開かれた議会の実現を目指して、改革・活性化に引き続き取り組んでまいります。
メッセージ(Message 2013)はこちら

2012年

中津川市議会では、「住民の声や心を代表する」をめざして、議会改革に取り組んでいます。
メッセージ(Message 2012)はこちら

2011年

市民に開かれた議会、市民に判り易い議会を目指し、議会のチェック機能が十分に発揮されるような仕組みづくりのため、議会改革にも取り組んでいます。また、安全で安心して暮らせるまちづくりを目指して、全力で取り組み、市民の声を市政に反映させ、皆様の負託に応えるため、議会の機能を充分に発揮し山積する諸問題の解決に取り組んでいきます。
メッセージ(Message 2011)はこちら

2010年

昨年は民主党新政権が8月に誕生し「政権交代」という大きな出来事が起こりました。
その結果として、「政策決定」の方法が従来と大きく変革しました。
そのことは、国レベルだけではなく、中津川市を含む地方自治体にとっても、大きな影響がある出来事です。こんな時こそ、今後ますます自治体の独自性や判断力が問われてくると私は感じています。そのためには、市民参画をさらに推進し、自分たちのまちは自分たちでつくるという意識を持つことがますます重要になってきます。
地方議員としても、これまで行政に住民の要望を伝え、政策に反映できれば「手柄」になりましたが、平成の大合併、三位一体改革など、自治体を巡る状況が大きく変化しました。
これからは、財政をはじめ、政策の評価や解説など、自分で課題を読み解く能力が必要です。
私も積極的にまちづくりに参加していきたいと想います。
メッセージ(Message 2010)はこちら

2009年

経済情勢の急激な悪化に対応するための緊急経済対策を行いました。
メッセージ(Message 2009)はこちら

2008年

メッセージ(Message 2008)はこちら

2007年

メッセージ(Message 2007)はこちら

2006年

メッセージ(Message 2006)はこちら